記述問題

3記事
h_blog

大学入試の対策にはQuizGenerator!

大学入試の対策にはQuizGenerator! こんにちは!マーケティング課の廣田です。 本格的な受験シーズンの時期となりましたね。 入学試験に向けて、夜遅くまで勉強してる方も多いかと思います。 そこで、今回の記事では大学入試に焦点を当てた、「QuizGeneratorを使った受験対策」をご紹介します。 こちらの記事は、「受験勉強を効率よく進めたい」とお考えの方におすすめしたい記事となっています。 2020年度の大学入学共通テストを参考に、英語と数学のテスト問題も作成しましたので、ぜひ受験対策の参考にご活躍ください✏   目次はこちら 1.受験対策をするならQuizGeneratorが便利! 2.入試問題を解いてみよう【英語】 3. 入試問題を解いてみよう【数学】 4. 受験勉強で使える!QuizGeneratorのおすすめ機能 5. learningBOXで成績管理 6. まとめ   受験対策をするならQuizGeneratorが便利! QuizGeneratorは、パソコンとインターネットで簡単に問題が作れるWebサービスです。 QuizGeneratorという名前から「クイズ作成ツール」だと思われるかもしれません。 しかし、QuizGeneratorはクイズ作成以外にも「大学試験や資格試験のテスト」も簡単に作成することができます。   QuizGeneratorでできる受験対策 QuizGeneratorはプログラミングがわからない人でも、誰でも無料でオリジナルの問題を作ることが可能です。 今回は作成していませんが、英語のリスニング問題や、文章が縦書きである国語のテストも作成することができます。 また、「LaTex」にも対応しているので、数学の問題で使用する「特殊記号や数式を含んだ問題」も作成いただけます。 ⇒詳しくは、こちらのQuizGeneratorは数学の数式、特殊記号にも対応しているeラーニングシステムです。をご覧ください。   入試問題を解いてみよう【英語】 大学入試対策として2020年度の大学入学共通テストからいくつか抜粋して、QuizGeneratorで問題を作成してみました。 こちらの問題は、最後まで解くと採点結果が表示されます。 ぜひ答え合わせをしてみてください。 問題は全部で「12問」あります。(※リスニング問題は除く) クイズにチャレンジする   入試問題を解いてみよう【数学】 数学Ⅰ、数学A、数学Ⅱ、数学B からそれぞれいくつか問題を抜粋しています。 枠に当てはまる記号や数字を入力してください。 問題は全部で「14問」あります。 クイズにチャレンジする   受験勉強で使える!QuizGeneratorのおすすめ機能   本番の大学入試を受験する際には、制限時間や合格点など、様々なミッションが存在します。 QuizGeneratorはあらゆる設定をすることで、本番の受験のようにテストを受けることができます。 ▼QuizGeneratorでできるテスト対策の設定をご紹介します。 ・出題順シャッフル設定を用いることで、答えの順番を覚えることなく問題を解くことができる ・制限時間を設けて、時間内に問題を解く習慣をつける ・問題途中の正誤を非表示にすることで、答え合わせをしながら苦手な問題を明確にできる ・前後の問題を自由に移動できる設定をすれば、得意な問題から解いていくことや、テスト全体の把握ができる ・問題を作成したら、繰り返し復習することができ、作った問題は他の人とも共有できる などが挙げられます。 この中でも特におすすめしたい、QuizGeneratorの機能をいくつかピックアップしてご紹介します。   制限時間を設ける 上記でも触れたように、実際のテストでは制限時間内に解答しなければなりません。 QuizGeneratorで制限時間を設けてテストを作成することで、本番のプレッシャーや時間配分について心構えができます。 制限時間は「秒」単位で設定することができるので、細かな時間調整も可能です。 ⇒詳しくは、制限時間の設定方法をご覧ください。   問題途中の正誤を非表示にする 問題ごとに解答を表示せず、最終問題のみ採点ボタンを配置し、解答し終わった後に正誤を表示できる設定です。 こちらの設定により、問題を解きながら解答を見ることで理解したつもりになる、とった事態を防ぐことができます。 また、テストを最後まで受けた後に正解が分かることで、必然と答え合わせをする課程が生じるので、不正解だった箇所をゆっくりと見直すことができます。 本番のテストは、その都度答え合わせをすることは不可能です。 従って、より本番のシチュエーションに近い学習をしたい方には、とてもおすすめの機能です。 ⇒詳しくは、問題途中の採点ボタンを隠すをご覧ください。   前後の問題を移動できる デフォルト設定だと順番に問題が出題され、前後の問題を自由に見ることはできません。 故に、ひと通り問題を解いた後、自分の解答を見直すことが不可能です。 また、テストを受ける際は最初にテスト全体に目を通し、それぞれの問題に費やす大まかな時間配分を考慮すると思います。 そういった場合に、順番に囚われることなく自由に問題を表示できるよう設定することができます。 ⇒詳しくは、前後の設問への移動をご覧ください。   ▼QuizGeneratorの便利な使い方についてはこちらの記事にも詳しく解説されています。   learningBOXで成績管理 learningBOXは、Quizgeneratorのクイズ機能に加え、「採点・成績管理」を一括して管理できるeラーニングシステムです。 learningBOXを使えば、日ごとに自動で勉強時間のカウントも行ってくれます。 どれだけ勉強に取り組めているのか確認しつつ、計画的に勉強を進めることができます。 問題を解くだけではなく、「自分で問題文を考え、繰り返し問題を復習する」ことは大学入試対策として、とても有効な学習方法です。 受験対策をするにあたって、learningBOXで自分の成績を自己管理できれば「テストの点数が徐々に上がっている!」など、モチベーションにもつながります。 learningBOXの使いについては、こちらの機能紹介にて詳しく解説されています。   まとめ   「志望している大学に受かりたい!そのためには、とにかく勉強だ!」と、やみくもに勉強するだけでは中々思うように受験対策ができないかもしれません。 受験に備えた適切な勉強法と、心身ともに健康でいることが大切です。 QuizGeneratorを用いてテスト対策を行えば「問題作成、問題を解く、答え合わせ」の3段階で知識を増やすタイミングがあります。 また、learningBOXを一緒に活用することで、個々の成績データ、学習進捗状況をシステム内で簡単に管理することが可能です。 learningBOXは個人利用でも、管理者を含め、「無期限、無料」でご利用いただけます。 フリープランは、管理者を含め10名様までご利用いただけるので、作成したテスト問題を友達と共有すれば、学習効果を友達と高め合うこともできます。 ご興味のある方はぜひ1度、learningBOXのフリープランをお試しください。 ▼こちらもおすすめ!あわせて読みたい「教育効果を高める学習ツールQuizgeneratorとは」
スキマ時間の勉強法3選

「社会人におすすめ!」スキマ時間の勉強法3選

「社会人におすすめ!」スキマ時間の勉強法3選 みなさま、初めましてこんにちは。 今年の11月に入社しました、マーケティング課の武本と申します。 これから、QuizGeneratorのブログ記事でお目にかかることが多いかと思います。 どうぞよろしくお願いします。 今回のテーマは、 【「社会人におすすめ!」スキマ時間の勉強法3選】についてです。 この記事は、こんな人にオススメ ・仕事が忙しく勉強する時間を確保できない ・効率の良い勉強法を知りたい ・スキマ時間を有効活用したい とお悩みの社会人に大変おすすめな記事になっております。 それでは、本稿もどうぞよろしくお願いします。   目次はこちら 1.スキマ時間にできる勉強法1:聞き流しの勉強 2.スキマ時間にできる勉強法2:参考書を読む 3.スキマ時間にできる勉強法3:QuizGeneratorで勉強 4.おわりに スキマ時間にできる学習法1:聞き流しの勉強 早速ですが、聞き流しの勉強について紹介します。 聞き流しの勉強って? 聞き流しの勉強は下記のとおりです。 ・英語の音声を聞き流す ・スクールなどの学習動画を聞き流す ・自分が録音したものを聞き流す などがあげられます。 つまり、聞き流すだけでスキルや知識が身につく勉強法ですね。 ただ聞き流しするだけで効果はあるの? 結論からいうと、ただ聞くだけでは効果はありません。 ・知らない用語がたくさん出てきて内容が分からなくなる ・分からない内容を放置しつづけると、分からないままになる ・あくまで補助的な勉強法だから 例えば、 相手から分からないことを言われると、その内容が気になって相手の話を集中して聞けなかった経験はありませんか?聞き流しの勉強も同様、分からない用語が流れると気になって勉強が続けられなくなります。 そのため、分からない内容を事前に理解したうえで、聞き流しの勉強を進めていきましょう。 聞き流しの勉強のコツ 先ほど、聞くだけでは効果がないと述べました。 しかし、聞き流しの勉強のコツを知ることで、学習効果が上がります。 1.自分のレベルにあった内容から始める いきなり難しい内容から始めるのではなく、自分が理解できる内容から聞き流しの勉強をしましょう。 分からない用語を聞いても分からないものは、聞いても分からないです。 新しいことを学習するときは、簡単な所から進めていく方が集中でき、勉強する意欲が上がりますよね。 そのため、自分のレベルにあった内容から勉強を始めていきましょう。 2.たまに内容を意識して聞く 今どんな内容のところをやっているか、確認程度でいいので意識して聞いてみましょう。 頭の中で整理され、内容を理解することができるからです。 人の話を聞くとき、ただ聞くのではなく頭の中で整理することで、相手は何が言いたいのかイメージしやすいですよね。 たまにでいいので、内容を意識して聞いてみましょう。 3.インプットとアウトプットを繰り返す 結果を出すには、インプットとアウトプットの関係が大事です。 どれだけ多くの知識や経験をインプットしても、それらを上手にアウトプットしていかないと、実績や成果につながるとは限りません。 人はインプットした情報を、繰り返しアウトプットすることで、記憶を定着させることができます。 例えば、 一度インプットしたはずの、漢字や英単語を見たとき「あれ、なんて読むんだっけ?」と思い出せなかったことはありませんか? そのような経験があれば、それはアウトプットが不足している可能性があります。 勉強で覚えた内容を使うこと(アウトプット)で、より定着させることができます。そのため、聞き流しの勉強も同様、聞いた内容を実際にアウトプットしていきましょう。 上記の方法を実行することで、理解力が向上し、自然と内容が定着されます。 また、同じ内容を何度も繰り返し聞くことで、より理解力が向上します。 スキマ時間にできる勉強法2:参考書を読む ここからは、参考書を読む勉強法について紹介していきます。 参考書を買う際に気を付けること 勉強を始めるとき、つい参考書をたくさん買ってしまいませんか? 自分も「これいいな」「あっ!これもいいな」と色々な参考書を買ってしまいます。 しかし、これは間違った方法です。 なぜかと言うと ・たくさん参考書を買って満足してしまう ・参考書を買っただけで勉強をやった気分に浸る ・勉強は「もういいや」と諦めてしまう そのため、なぜ自分が参考書を買う必要があるのか考えましょう。 参考書を買うのは1冊で十分です。 内容も似たようなものが多いので、たくさん買う必要はありません。 参考書を買う前に、なぜそれが必要なのか目的をしっかり持ちましょう。 明確な目的がない状態で参考書を買っても、やる気が出ないので注意しましょう。 読書のように参考書を読む スキマ時間に参考書を読み進める勉強方法は有効です。 なぜなら下記のとおりです。 ・参考書の全体を把握できるから ・繰り返し何度も読み続けていくと、内容の理解力が向上するから 上記の内容がどういうことなのか、具体的に紹介していきますね。 1.参考書の全体を把握できるから まず最初から最後まで読んでしまいましょう。 なぜなら試験に出題される内容を把握できたり、自分の苦手箇所を確認することができるからです。 全体の内容が分かれば、自分のゴールを見据えることができ、ゴールが明確になることで、やる気も上がります。 また分からない所は付箋やマーカーをつけていきましょう。自分が分からないところを把握することができ、繰り返し読むときにあとあと便利です。 そのためまず、参考書の全体を把握していくところから始めましょう。 2.繰り返し何度も読み続けていくと、内容の理解力が向上するから 参考書を1回だけ読んでも内容を理解することができません。 教科書や本も1回読むだけでは内容を理解することはできないので、繰り返して読みますよね。 参考書も同じで繰り返し読むことで、書いてある内容を記憶に残すことができ、理解できるようになります。 スキマ時間にできる勉強法3:QuizGeneratorで勉強 ここからは、QuizGeneratorについて紹介していきます。 Quizgeneratorって? QuizGeneratorは、誰でも無料でオリジナルの問題が作れるWebサービスです。 特徴は、下記のとおりです。 ・商用利用無料で13種類の出題形式から問題が作れる ・問題はテキストやエクセルなど使い慣れたもので作成できる ・スキマ時間にスマホやタブレットから学習できる ・予習や復習に活用できる ・自分の理解度を把握できる 受講者の都合の良い時間に勉強をすることができ、さらに自分の苦手箇所を何度も繰り返して勉強することができます。 また、これらの特徴があるにも関わらず、誰でも無料で簡単に勉強ができます。 QuizGeneratorの機能が豊富 QuizGeneratorは、13種類の問題形式に加えて細かな設定ができます。 1.画像を入れる 問題文の中に画像を配置することができます。GIF画像もうまく使えば、アニメーション表現もできます。 2.音声を入れる 問題文に音声を入れることができます。リスニング問題対策としても活用することができます。 3.数式を入れる 数式を使った、数学や化学も問題を作成することができます。 4.制限時間
兵庫県クイズ

eラーニングを使ってご当地クイズを作る方法

こんにちは!マーケティング担当の貴田岡(キタオカ)🍎です。今回の記事では、弊社のクイズ作成ツールQuizGeneratorを使って、ご当地検定を作ってみました。私が移住して1年経とうとしている、ここ、龍野情報システム本社が位置する兵庫県に関する歴史、地名、雑学など面白いクイズを作りました! 皆さんは自分の町の情報をどれだけ知っていますか?兵庫県での生活歴一年目の私が皆さんの兵庫愛をWEBクイズでチェックします!遊び感覚で是非、クイズを解いてみてください。 今回ご紹介するクイズはパソコンとインターネットがあればどなたでもマネして作成・WEBに公開することができます。本稿を参考にぜひWEBクイズを作ってみてくださいね! 目次はこちら 1. eラーニングを使った兵庫県クイズはこちら!! 2. クイズは3STEPで誰でも簡単に作成・Webに公開できます 3. クイズの置き場所にお困りのお客様にはlearningBOXがオススメです!! 4. まとめ eラーニングを使った兵庫県クイズはこちら!! 今回の兵庫県クイズでは、マニアックな問題から、地元の人なら絶対分かるものまで、色んな分野の情報やネタがたくさん詰まったクイズになっております。 クイズの内容をご紹介いたします。 ▼兵庫県に関する基本的な内容が多く詰まった初級者向けのクイズです。 クイズは ⇒ こちらから解くことができます。 ▼兵庫県に生活している人ならほとんどの方が答えられる中級者向けのクイズです。 クイズは ⇒ こちらから解くことができます。 ▼兵庫県民でも間違いやすいローカルネタが多い、上級者向けのクイズです。 クイズは ⇒ こちらから解くことができます。 ▼オプション値を設定したクイズはこちらです。上記の『初級~上級者向けのクイズを1つにまとめた複合クイズです』 ⇒こちらの兵庫県実力テストに合格したら、これであなたも兵庫県マスター!! クイズは各セクション事にランダムで3題出題されます。選択肢も自動でシャッフルされ、制限時間も10分で設定しています。実力テストはこちらから問題を解くことができます。 クイズのおさらい QuizGeneratorの特徴 ・12種類の出題形式から、クイズ・問題・テストを作成でき、バリエーション豊富な出題が可能です。 ・クイズには、解説文をいれることができ、予習や復習をする際には大変オススメです。 ・画像や動画(YouTube)を設定することができ、視覚的に分かり易いクイズを作れます。 ・スマホ、タブレット、パソコン全てのデバイスに対応してます。 ・商用利用無料で使えて、ライセンス購入をすると画面のデザイン、文言をカスタマイズすることが可能です。 ・オプション値の設定、機能が豊富です。 ・オプション値を設定することで、ランダム設定、時間・出題数制限など様々なカスタマイズが行えます。 クイズは3STEPで誰でも簡単に作成・Webに公開できます ▼クイズの作成方法は3つのパターンから作ることができます 1.問題作成フォームで作る 2.テキストファイル(メモ帳)を使って作る 3.エクセルで作る 問題作成フォームで作る方法 専用のWEBフォームから簡単に問題を作成できます。指定のフォーマットに従って文字を入力したり、選択するだけで簡単にオリジナルクイズを作成することができ、パソコン操作が苦手な方でも、安心してクイズを作ることができます。詳しい作り方は ⇒ こちらをご確認ください。 テキストを使ってクイズを作る方法 1問目の問題文を記述 問題形式を記述 正答を記述 誤答1を記述 誤答2を記述 誤答3を記述 2問目の問題文を記述 問題形式を記述 正答を記述 誤答1を記述 誤答2を記述 誤答3を記述 ▼テキストのテンプレート内容 形式としては、“問題文”の次の行(選択肢として記述した一番上部のもの)が“正答”として認識されます。それ以下は“誤答”と認識されます。出題される際には、選択肢の順序はランダムに表示されます。また、2問目以降の“問題文”の前には、改行を一行加えて下さい。問題数が多い場合はテキストで作成するのがオススメです。テキストを使ったクイズの作り方は ⇒ こちらに詳しく画像付きで解説されています。 エクセルを使ってクイズを作る方法 A列 B列 C列 D列 E列 #format:table 問題文 問題形式を判定するワード 選択肢1 選択肢2 選択肢3 例)兵庫県の県庁所在地を選びなさい sa: 神戸市 明石市 姫路市 ▼エクセルのテンプレート内容 A列に問題文を、B列に問題形式を判定するワード、C列に正答、D列以降に誤答を入力していきます。Microsoft ExcelやGoogleスプレッドシートなどの表計算ソフトを使用して、クイズを作成することが出来ます。エクセルを使ったクイズの作り方は⇒ こちらに詳しく画像付きで解説されています。 クイズの置き場所にお困りのお客様にはlearningBOXがオススメです!! QuizGeneratorで作成したクイズは不特定多数の方への配信や、ブログ、HPなどWEB上にクイズを掲載、公開することができます。プログラミングの知識がない方でも手軽に設置できます。それに加え、learningBOXにアカウント登録をするともっと細かい設定や個別の成績管理も行えます。 learningBOXの制約バーを使うと「- - -ここまで解答/閲覧したら次に進むことが可能です- - -」「- - - ここまで合格したら次に進むことが可能です- - -」といった制約条件を設定することができます。 お客様が作成して頂いたクイズはlearningBOXに簡単に取り込むことができ、インポートボタンをワンクリックするだけでクイズを登録、整理、運用が可能です。 learningBOXを使うと、作ったクイズをコース学習にすることができます こちらは上記で紹介した兵庫県クイズをlearningBOXに取り込み、コース学習として設定しました。 ▼learningBOXの特徴 ・PC操作が苦手な人でも直観的に操作できるeラーニングシステムです ・10アカウントまでの利用なら無期限でずーっと無料でお使いいただけます ・作ったクイズはコンテンツ販売(EC機能)することができる。 ・コース設計を助ける学習制御機能を設定できます。 ・クイズ以外にも学習者の指導や教育に役立つコンテンツ機能が豊富です。 ・自作のプログラムもスコーム教材として登録可能です。 learningBOXのコンテンツ機能はこちらに詳しく掲載されています。 まとめ 今回は兵庫県を題材にした雑学クイズをご紹介しました。クイズを作成するにあたり、兵庫県に住んでいても分からないことや、知らなかったこと、調べて初めて気付いたことなど沢山の発見がありました。兵庫県クイズを解いてみていかがでしたでしょうか??兵庫県の知識や情報を改めて身近に感じてもらえたら幸いです。クイズ形式にすることで、色んな人に兵庫県の雑学を宣伝することができました。 弊社のQuizGeneratorやlearningBOXは使い方や設定も非常に簡単でシンプルです!クイズ以外にも、検定試験や資格試験、学校教育や社内研修にも応用が可能です。本稿を参考に是非、オリジナルクイズをマネして作ってみてくださいね!
jaJA