SCORM教材を作ってみよう

SCORM, 管理者blog

この記事ではSCORM教材を作ってlearningBOXに乗せる方法を紹介します。本来、SCORMにはimsmanifext.xmlという、教材の構造を定義したファイルが必要なのですが、learningBOXはimsmanifest.xmlがなくても教材を登録することができます。簡単のため、imsmanifest.xmlに関する説明は省きますのでご了承ください。

SCORMとは

SCORMの概要については、SCORMとはを参照ください。

バージョンについて

SCORMのバージョンは1.2とします。

前提知識

・JavaScript(ECMAScript)の言語仕様をある程度理解し、平易なプログラムであれば読み解く力があること。
・HTMLの基本を理解していること。

早速APIを実装しよう

まず、index.htmlという名前のテキストファイルを作成し、以下のソースコードを写経してください。

注意点
・ファイル名がindex.html.txtなどとならないようにしてください。(ヒント:拡張子を表示する)
・文字コードはUTF-8としたほうが良いような気もしますが、アスキー文字しか含まれていないので、文字コードはどうでもよいです。ただし、ちゃんとしたコンテンツを作る場合は、ちゃんと文字コード指定をしてください。
・空白文字には決して全角スペースを入れないでください。半角スペースでインデントしても、タブでインデントしても構いませんが、全角スペースはだめ!ぜったい!

アーカイブを作成しよう

index.htmlを圧縮してZIPファイルを作成してください。

注意点
・Windowsの場合は右クリックで普通にやれば大丈夫です
・Macの場合は、Windowsと互換性のあるZIPを作るよう配慮ください
・Linuxの場合は自力でできるでしょう。

システムに登録する

作成したZIPファイルを、SCORM教材としてアップロードしてください。

学習する

開くだけで得点は99、ステータスは合格になる教材ができました。おめでとうございます!

発展課題

  • (易)99点では勿体ないです。100点になる教材を作ってください。
  • (易)不合格になる教材を作ってください。
  • (標準)閲覧時間が記録される教材を作ってください。
  • (標準)5秒間に何回クリックできるか測定し、得点として送信する教材を作成してください。
  • (難)テトリスを作り得点が記録されるようにしてください。

    発展課題に対するヒント

  • 閲覧時間のフォーマットはSCORMの仕様書を確認してください。
  • 得点は整数を文字列化したものしか受け付けません。
  • 通常は得点は0-100の整数に制限されますが、learningBOXでは2^31-1まで受け付けます。
    • Comment ( 0 )

    • Trackbacks are closed.

    1. No comments yet.

    Related posts