自動再生/数字のみ入力

  • HOME
  • 自動再生/数字のみ入力

オプション値を記載することで、合格点の設定や設問ごとに点数を設定したり、制限時間の種類を変更するなど様々なカスタマイズが可能になります。

オプション値の設定方法

以下のように、問題テキスト(quiz.txt)の先頭に”#属性名:値”という形式で記述してください。

#autoplay:true/false(←数字を入力
#use_number_type_for_input:true/false(←正答回数と誤答回数を表示するかを選択

項目名 デフォルト値 説明
autoplay false 各ページの最初の音声ファイルを自動で再生します。
use_number_type_for_input false false: 記述問題時に答えが数字でも数字以外を入力できます。
true: 記述問題の時に答えが数字なら数字しか入力できません。
  • テキスト
  • 表形式

#autoplay:true
#use_number_type_for_input:true

5×5=?
fill-in:
25

-5×5=?
fill-in:
-25

仲間はずれを選べ
sa:
<<Brian:My name is Brian>>
<<Nicole:My name is Nicole>>
<<Emma:My name is Emma>>
<<Amy:My name is Amy>>

表形式

表形式で問題を作成するには、ファイルの先頭に「#format:table」と記述してください。2行目以降に、1行ずつ、オプション値を記載します。

A B C D E F
1 #format:table
2 #autoplay:true
3 #use_number_type_for_input:true
4 5×5=? fill-in: 25
5 -5×5=? fill-in: -25
6 仲間はずれを選べ sa: <<Brian:My name is Brian>> <<Nicole:My name is Nicole>> <<Emma:My name is Emma>> <<Amy:My name is Amy>>

様々なオプション値があります

オプション値を設定することで、より自由度の高いクイズを作成できます。
オプション項目一覧はこちらでご確認ください。