オプション項目一覧

オプション設定を活用して、利用シーンにあったクイズを作り上げよう。

  • HOME
  • オプション項目一覧

オプション項目一覧

クイズには以下のオプションを設定できます。
設定方法については、こちらの「オプション値の設定方法」をご覧ください。

基本項目

問題のフォーマット、出題設問数、ランダム化、合格点などの基本的な設定です。

 

項目名 デフォルト値 説明
mode master 設定値(master/normal)
master:未回答/学習中/間違った問題を優先出題する「弱点克服」、すべての問題が出題される「総復習」を利用できます。
normal:過去の正誤状況を考慮せずに出題します。

layout

normal レイアウト機能のオプションを使う場合は、「#mode:normal」の指定が必要です。
※ノーマルモード時のみ、試験レイアウトに変更することができます。
設定値(normal/exam/exam-vertical)
#layout:exam
→「試験レイアウト(横書き)」:左に問題文、右に選択肢や解答欄が表示されます。
#layout:exam-vertical
→「試験レイアウト(縦書き)」:右に問題文、左に選択肢や解答欄が表示されます。

master_count

1 マスターモード(#mode:master )時のみ有効です。
マスターモードの正解回数を設定します。
例) 10問ある問題で、「#master_count:1」を設定した場合
1回目:8問正解して、2問間違えた → 80%

passing_score

80 合格点です。
マスターモードの時は合格率(%)、ノーマルモードの時は合格点(点)となります。

question_count

(なし) このオプションを設定しないと全ての設問が出題されます。

weak_count

(なし) 「弱点克服」での出題数を設定します。マスターモード時のみ有効です。
#weak_count:1で設定すると弱点克服問題の出題数は1問となり、値がない場合は全問出題になります。

shuffle_sections

false セクションの表示順をランダムにする(true)か、固定(false)にするかを選択します。
マスターモードでは、セクション別問題を利用できないため、ノーマルモードを指定ください。

shuffle_questions

false 出題順のランダム化です。trueに指定すると、設問はランダムに出題されます。
true:ランダム出題
false:1問目から出題

shuffle_choices

true 選択肢の表示順をランダム(true)にするか、固定(false)するかを選択します。
falseに設定すると、択一問題、複数選択問題で、毎回同じ順番に選択肢が表示されます。

movable

true 「On(true)」: 設問間を自由に移動できます。
「Off(false)」: 1問目から解く必要があります。

time_limit

時間制限なし 解答時間の制限を設定します。
単位は秒で、0に設定した場合、時間制限はありません。
例)30で設定した場合 → 30秒
90で設定した場合 → 1分30秒

time_limit_mode

total 全体を通しての時間制限、もしくは設問毎に時間制限を行うことができます。
#time_limit_mode:total
#time_limit_mode:question

show_seigo_count

true 解答中、設問毎の正誤回数の表示(On/Off)する設定ができます。
「On(true)」:表示
「Off(false)」:非表示

minimum_score

0 最低点の設定ができます。
レポート・アンケート記述の「管理者が採点する」を選択時、合計点が設定した点数未満の場合は不合格として成績をすぐに返却します。

partial_score

true 穴埋め、複数記述、プルダウン、組み合わせの問題でそれぞれ1問当たりの点数を、選択肢の数で割って配分します。
「On(true)」:部分点あり
「Off(false)」:部分点なし

rounding_setting_of_score

rounddown 点数に小数点以下の端数が生じる場合の処理方法を指定します。
rounddown:切り捨て
round:四捨五入する

show_instant_result

true 設問ごとの正誤表示を設定できます。
falseを指定すると1問ごとに採点・結果表示せず、全問をまとめて採点します。

hide_mark_button

false 採点ボタンを非表示に設定できます。
trueを指定すると1問ごとに採点・結果表示せず、全問をまとめて採点します。
#show_instant_result:falseと併用することで機能します。

allow_submission_without_answer

false 未解答時に提出を許可するかどうかの設定ができます。
「On(true)」:許可する
「Off(false)」:許可しない

tag_visible

true セクションタグと設問タグの表示/非表示の設定ができます。
「On(true)」:表示
「Off(false)」:非表示

show_correct_answer

true 誤答時の正答表示の表示/非表示の設定ができます。
正答を隠したい場合や、選択肢に画像があり、解説欄からはみ出す場合は「Off(false)」を推奨します。
「On(true)」:表示
「Off(false)」:非表示

answer_display

follow_question_statement 解答欄の表示位置を設定することができます。
問題文に追従して表示(follow_question_statement):解答欄を問題文に追従して表示します。
画面の末尾に表示(end_of_content):解答欄を画面の末尾に表示します。
ただし、問題文が長い場合は、設定に関わらず画面の末尾に表示します。
この設定は、通常レイアウトおよび試験レイアウト(縦書き)の場合に適用されます。

suspendable

true_resume 中断再開機能は、「#mode:normal」の指定が必要です。
true: 再開時に「続きから再開する」か「最初からやり直す」を選択できます。
true_resume: 「続きから再開する」のみ選択できます。(最初からやり直すことはできません。)
※クイズ中断後に、オプション値を【ON】⇒【OFF】に変更すると、学習者は次回以降、中断ができなくなります。
変更する場合は、ご注意ください。

suspendable_count

(無制限) 中断再開機能を利用している際に併用できる機能です。
従って「#mode:normal」と「#suspendable:true」の指定が必要です。
無制限に中断されては困る場合に設定ください。1~99回まで設定できます。
未入力や0の場合は無制限になります。
例)#suspendable_count:1で設定すると、中断再開は1回となります。

show_suspendable_button

true 中断再開機能を利用している際に併用できる機能です。
従って「#mode:normal」と「#suspendable:true」の指定が必要です。
こちらのオプションを設定すると解答画面で【中断】ボタンを表示するかしないかを選択することができます。
#show_suspendable_button: true → 【中断】ボタンは表示
#show_suspendable_button: false → 【中断】ボタンは非表示

pass

false 択一問題、択一(クイック)、複数選択の選択肢に「分からない」が追加される。
true:「分からない」が表示されます。
false:非表示

skip_intro_page

false イントロ画面のスキップを設定することができます。
#skip_intro_page:true → 非表示
#skip_intro_page:false → 表示

autoplay

false 設問表示時に音声合成機能で作成された音声の自動再生を設定することができます。
true:自動再生
false:自動再生しない

background_audio_playback

true 音声のバックグラウンド再生を設定することができます。
true:音声はバックグラウンド再生される
false:音声はバックグラウンド再生されない
※バックグラウンド再生とは、「別のアプリやホーム画面を操作しているときも動画や音楽を再生する方法」です。

font-size

なし 文字サイズを指定できます。
必ずpxなどの単位を指定して下さい。

restartable

true 結果画面の「前の画面に戻る」ボタンの表示/非表示を設定できます。
true:「前の画面に戻る」ボタンが表示される。
false:「前の画面に戻る」ボタンが表示されなくなります。

display_results_at_start

false クイズの結果画面から再開する設定ができます。
true:再開できる
false:再開できない

show_answers_so_far

false マスターモードの回答済みを表示する設定ができます。
true:表示
false:非表示

show_a_look_back

false クリア後に結果画面を表示/非表示にする設定ができます。
true:表示
false:非表示

hide_list_button

false 設問一覧ページの表示/非表示を設定できます。
true:非表示
false:表示

trim

true 記述問題の正誤判定で、先頭と末尾の空白文字(スペースなど)を無視します。
falseを指定するとスペースの有無を含め完全に一致した場合のみ正解となります。

ignore_case

true 記述問題の正誤判定で、大文字と小文字の違いを無視します。
falseを指定すると、記述問題の正誤判定で大文字と小文字を区別するようになります。

ignore_zenhan

true 記述問題の際、全角と半角を区別せずに採点できます。
true:無視
false:無視しない

ignore_whitespace_count

true 記述問題の正誤判定で、空白文字(スペースなど)の個数の違いを無視します(1個でも、連続して2個以上でも正解、0個だと不正解と判定します)。
true:無視
false:無視しない
※falseを指定するとスペースの個数などを含め完全に一致した場合のみ正解となります。

ignore_whitespace

false 記述問題の際、空白を無視する設定ができます。
true:無視
false:無視しない

lang

ja en → 英語に切り替わります。
vi → ベトナム語に切り替わります。
指定がない場合は、日本語が使用されます。
※切り替わるのはプレイヤーのみで、設問は切り替わりません。

hide_result_summary

false 結果画面のサマリー部の表示です。
true:非表示
false:表示
※trueを指定すると、結果画面のサマリー部が表示されなくなります。

hide_result_detail

false 結果画面の詳細部の表示です。
true:非表示
false:表示
※trueを指定すると、結果画面の詳細部が表示されなくなります。

sound

false 効果音の有無を指定します。
true:あり
false:なし
※trueを指定すると、効果音が鳴ります。

use_number_type_for_input

true 記述・記述+・複数記述において正答に数値を指定した場合、解答入力フィールドを数値専用に設定できます。
true:数値のみ
false:文字入力可
※trueを指定すると、記述問題の時に答えが数字なら数字しか入力できません。

fill_in_max_length

なし 出題形式に記述問題もしくは複数記述問題を利用している際に活用できる機能です。
無制限に文字を入力されては困る場合に設定ください。
正答文字数に自動で合わせたい場合はautoと記載ください。
上記のオプション「use_number_type_for_input」を有効【true】にすることで機能します。

question_container_width

normal 設問画面の画面幅を設定することができます。
画面幅は、「通常表示」「全画面表示」と通常表示、全画面表示を選択できる「選択式」の3つから選ぶことができます。

メッセージ関連項目

正解時、誤答時、合格時、不合格時などに表示されるメッセージをカスタマイズできます。

項目名 デフォルト値 説明

messages_intro

なし 開始時に表示されるメッセージです。
#messages_intro:クイズに挑戦する
※設定されていなければ、表示されません。

messages_passed_title

合格おめでとうございます。 結果画面で合格の場合に画面上部に表示させるタイトルを設定できます。
#messages_passed_title:(表示させたい文言)

messages_passed_body

この調子で引き続き取り組んでください。 結果画面で合格の場合に画面上部に表示させるメッセージ(タイトル下に表示)を設定できます。
#messages_passed_body:(表示させたい文言)

messages_failed_title

残念ながら不合格です。 結果画面で不合格の場合に画面上部に表示させるタイトルを設定できます。
#messages_failed_title:(表示させたい文言)

messages_failed_body

間違った問題を見直し、再度取り組んでください。 結果画面で不合格の場合に画面上部に表示させるメッセージ(タイトル下に表示)を設定できます。
#messages_failed_body:(表示させたい文言)

messages_waiting_for_grading_title

受け付けました。 結果画面で採点待ちの場合に画面上部に表示させるタイトルを設定できます。
※採点待ち問題があれば、このタイトルが優先される
#messages_waiting_for_grading_title:(表示させたい文言)

messages_waiting_for_grading_body

採点まで今しばらくお待ちください。 結果画面で採点待ちの場合に画面上部に表示させるメッセージ(タイトル下に表示)を設定できます。
※採点待ち問題があれば、このメッセージが優先される
#messages_waiting_for_grading_body:(表示させたい文言)

messages_correct

正答時のアイコンをメッセージに変更できます。
#messages_correct:(表示させたい文言)

messages_incorrect

誤答時のアイコンをメッセージに変更できます。
#messages_incorrect:(表示させたい文言)

messages_not_selected

解答を選択してください 択一問題、複数選択問題で選択肢を選ばずに提出しようとした場合の警告メッセージを設定できます。
#messages_not_selected:(表示させたい文言)

messages_not_filled

解答を入力してください 記述問題で解答を記述せずに提出しようとした場合の警告メッセージです。
#messages_not_filled:(表示させたい文言)

Quizgeneratorライセンス関連項目

クイズプレイヤーのデザインやシステム内の文言の変更に使う設定項目です。

項目名 デフォルト値 説明

email

なし ライセンス購入時に指定したメールアドレスを入力します。
例)#email:〇〇〇〇〇@learningbox.co.jp

key

なし ライセンスキーはライセンス購入時に指定したメールアドレスに配信されます。
例)#key:〇〇〇〇〇〇〇*〇〇〇*〇〇〇〇〇

add_css_file

なし カスタマイズ用のCSSファイルを読み込みます。
例)#add_css_file:true
ご利用にはライセンスキーが必要になります。

custom_lang

なし カスタマイズ用の言語ファイルを読み込みます。
例)#custom_lang:true
ご利用にはライセンスキーが必要になります。

add_js_file

なし カスタマイズ用のJavaScriptファイルを読み込みます。
例)#add_js_file:true
ご利用にはライセンスキーが必要になります。

head_write_css

なし カスタマイズ用のCSSを直接記述し、反映させることができます。
例)#head_write_css:true
ご利用にはライセンスキーが必要になります。

head_write_js

なし カスタマイズ用のJavaScriptを直接記述し、反映させることができます。
例)#head_write_js:true
ご利用にはライセンスキーが必要になります。

SCORM関連項目

SCORM教材としてLMSで利用時に使う設定項目です。多くの場合、デフォルト設定で問題ありません。

項目名 デフォルト値 説明 id_prefix q SCORM教材として利用時に、LMSに送信する設問IDの先頭文字列です。 id_digits 3 SCORM教材として利用時に、LMSに送信する設問IDの数字部分の桁数です。 finish_at_result_page true true:結果表示と同時に成績を送信します。

false:プレイヤーのunload時に成績を送信します。
1.0.1より実装

ショートコード一覧

ショートコードとは、QuizGeneratorで使えるコードの呼び出し機能です。
QuizGeneratorで設定できるショートコード一覧はこちらになります。

項目名 デフォルト値 説明
音声の再生回数制限(なし) [[〇〇〇.mp3]] 拡張子はmp3限定
音声の再生回数制限(1回再生) [[[〇〇〇.mp3]]] 拡張子はmp3限定
音声の再生回数制限(n回再生) [[[〇〇〇.mp3::{n}]]] 再生回数制限n回に指定可能
動画 [[〇〇〇.mp4]] 拡張子はmp4限定
Photoswipe画像が開くリンク [[a href:〇〇〇.jpg]]〇[[/a]] ページ上に設置した画像をクリックすると拡大してポップアップ表示
自分の解答表示 [[RESULT sco_code=”〇” question_no=”〇”]]〇[[/RESULT]]