Creating Video: Editing with iMovie on Mac 1

video, Admin Blog

The ability to upload videos as teaching materials is now available from learningBOX.
It has become more convenient, but there are probably people who don't know how to make videos in the first place.
You can just take a video on your phone and upload it, but the camera shake ......
I want to include commentary, but I don't want to show my face or include my voice.
I think there are many things.

In the next few articles, we'll show you how to create a video manual.
In the end, you will be able to create a video like the one below.

editing

無料で使える動画編集ソフトとしてiMovieを利用します。Macの場合、標準でインストールされている場合もあります。
iMovieを起動して新規作成をクリックします。


iMovieでは普通の動画と映画の予告編のような物を作ることが出来ます。
今回は普通の動画を作成しますのでムービーを選択します。予告編での作成は別の機会に。
ムービーを選択すると下の画像のように表示されます。


iMovieは大きく分けて三箇所のグループに分かれています。左上の素材置場、右上の画面効果編集場、下のタイムラインの三箇所です。左上の素材置場から下のタイムラインに素材をドロップし、素材を切り貼りすることで動画を編集していきます。

まずは前回撮影を行った動画を素材置場に登録します。メディアを読むこむをクリックしファイルを選択する、または範囲内に動画ファイルをドラッグ&ドロップすることで素材として扱うことが出来ます。
素材には動画ファイル以外にも画像ファイルも登録することが出来ます。

次に、素材置場のファイルを下のタイムラインに左から時系列順にドラッグ&ドロップで登録します。タイムラインには幾つでもファイルを置くことが出来ます。

タイムライン上のファイルは command + b で分割することが出来ます。



分割後に削除したりすることでファイルの中から欲しい部分だけを抽出することが出来ます。

ファイルとファイルの間にはトランジションと呼ばれるファイルからファイルへと移り変わる瞬間の特殊効果を挿入することが出来ます。
この特殊効果によって全く別のファイルが続いていても、自然に違和感なく動画を見ることが可能になります。
トランジションは素材置場上の下の画像の部分からタブを切り替えると選択することが出来ます。

preview of next installment (TV shows, podcasts, etc.)

次回は一歩踏み込んだ動画の編集です。

en_USEN