記入問題+(複数記述問題)の記述方法

記述問題+(複数記述問題)は、1つの設問に対して、複数の解答の組を解答させます。例えば以下の設問では、「アメリカ,カナダ,ロシア」や「カナダ,アメリカ,ロシア」「米国,ロシア,カナダ」などと解答した場合に正解になります。

記述問題

記述問題+(複数記述問題)

テキスト形式

表計算ソフト形式

注意点

正答の記述方法が複数ある場合(「米国」でも「アメリカ」でも正答としたい場合)、fill-inとは異なり、カンマ(,)で区切って指定することにご注意下さい。
■通常の記述問題(fill-in:)の場合
テキストなら改行、表計算シートならC列、D列・・に記入することで、複数の正答表記を指定します。

(テキストの例)

googleの本社がある国は?
fill-in:
アメリカ
米国

■記述問題+(fill-in-plus:)の場合
「,」(カンマ)で区切って記述することで、複数の正答表記を指定します。

googleの本社がある国は?
fill-in-plus:
アメリカ,米国

よくあるFAQ