記述問題+

  • HOME
  • 記述問題+

記入問題+(複数記述問題)の記述方法

記述問題+(複数記述問題)は、1つの設問に対して、複数の解答の組を解答させます。例えば以下の設問では、「アメリカ,カナダ,ロシア」や「カナダ,アメリカ,ロシア」「米国,ロシア,カナダ」などと解答した場合に正解になります。

記述問題

記述問題+(複数記述問題)

 

  • テキスト
  • 表形式
  • 問題作成フォーム

テキスト形式

面積の大きい国ベスト3は?
fill-in-plus:
アメリカ,米国
カナダ
ロシア

サンプルはこちらから

A B C D E
1 #format:table
2 #messages_intro:
3 面積の大きい国ベスト3は? fill-in-plus: アメリカ,米国 カナダ ロシア

1.ログインし、サイドバーのコンテンツ管理、またはマイページの赤枠をクリックします。

 

2.コンテンツ管理のメニューボタン(+ボタン)→「問題を作成」をクリックします。

 

3.問題作成フォームのタイトルを記入します。

 

4.設問の「問題編集へ」をクリックします。

 

5.出題形式を記述問題+にせっていします。

 

 

6.問題文、正答を記述します。赤枠に記載してあるように、1つの設問に対して、複数の回答の組を解答させます。

また、正答の記述方法が複数ある場合、カンマ(,)で区切って指定してください。

青枠の+ボタンで選択肢の追加、-ボタンで削除が可能です。

 

解説が必要な場合は記述し、全て記述が完了したらプレビューで確認も可能です。問題がなければ保存をクリックします。

 

7.赤枠の+ボタンで問題の追加、-ボタンで削除が可能です。間違いがないか確認し、問題がなければ公開をクリックし完了です。

 

 

8.下記画像が完成した問題です。

 

注意点

正答の記述方法が複数ある場合(「米国」でも「アメリカ」でも正答としたい場合)、fill-inとは異なり、カンマ(,)で区切って指定することにご注意下さい。

通常の記述問題(fill-in:)の場合

テキストなら改行、表計算シートならC列、D列・・に記入することで、複数の正答表記を指定します。

(テキストの例)

googleの本社がある国は?
fill-in:
アメリカ
米国

■記述問題+(fill-in-plus:)の場合

「,」(カンマ)で区切って記述することで、複数の正答表記を指定します。

googleの本社がある国は?
fill-in-plus:
アメリカ,米国