プルダウン問題

  • HOME
  • プルダウン問題

プルダウン問題

プルダウン問題は問題文内に挿入されているプルダウンリストに正しい選択肢を選ぶタイプの設問です。
この設問タイプでは、選択肢の部分の画像・音声・数式の挿入には対応しておりません。

サンプル

  プルダウン問題です。リストごとに選択肢を設定することが出来ます。

  ダウンロード: 変換元ファイル, 変換済ファイル     別ウィンドウで開く

作成方法

並び替え問題は「テキスト形式」「表形式」の方法で作成できます。

 

  • テキスト
  • 表形式
  • 問題作成フォーム

先頭の#から始まる行はクイズ全体に対する設定です。設問データは、空行区切りで入力します。
各ブロックの1行目が設問文で、設問文の中に{}で閉じている部分がプレーヤーでプルダウンリストが表示される部分になります。2行目は固定で”pulldown:”、3行目に一番左に正しい選択肢を記述し、”::”区切りで間違った選択肢を記述します。

#messages_intro:正しい物を選べ
#time_limit:300
I {1} a pen.
pulldown:
have::has::am

He {1} a student, but he {2} working now.
pulldown:
was::is::am&
is::was::am

先頭の#で始まる行が、問題全体に関する設定です。1行目の#format:tableは、問題データを表形式で記述することを宣言しています。5行目以降は、各行が設問に対応しています。各行には、設問文で、設問文の中に{}で閉じている部分がプレーヤーでプルダウンリストが表示される部分になります。、”pulldown:”、プルダウンで表示する選択肢、2個以上のプルダウンを挿入する場合は次の選択肢を入力します。
サンプルはこちらから

 

A B C D
1 #format:table
2 #messages_intro:正しい物を選べ
3 #time_limit:300
4 I {1} a pen. pulldown: have::has::am
5 He {1} a student, but he {2} working now. pulldown:  was::is::am is::was::am

 

1.ログインし、サイドバーの「コンテンツ管理」または、マイページの赤枠をクリックします。

2.コンテンツ管理画面のメニューボタン(+ボタン)→「問題を作成」をクリックします。

 

3.問題作成フォームのタイトルを記述します。

 

4.設問の「問題編集へ」をクリックします。

 

5.出題形式をプルダウンに設定します。

 

 

6.問題文を記述します。プルダウンしたい箇所に{}を使用します。正答と誤答に記述します。青枠の+ボタンで誤答の選択肢を追加、-ボタンで削除が可能です。
オレンジ枠の+ボタンで選択肢の追加、-ボタンで削除が可能です。

 

解説が必要な場合は記述し、すべて記述が完了したらプレビューで確認も可能です。問題がなければ閉じるをクリックします。

 

7.赤枠の+ボタンで問題を追加、-ボタンで削除が可能です。間違いがないか確認し、公開ボタンをクリックで完了です。

 

 

8.下記画像が完成した問題です。