出題数を設定する

  • HOME
  • 出題数を指定する

出題数を指定する

問題セットの中から、出題する問題数を指定できます。

例:100問の中から10問
もちろん、毎回ランダムで10問が選択され、出題されます。
出題数は、問題の総数より小さい数を指定してお使い下さい。

  • テキスト
  • 表計式
  • 問題作成フォーム

表形式の時と同様に、ヘッダー部分に#question_count:xxの指定を追加してください。xxの部分は出題数です。

#messages_intro:物質名を答えよ。
#question_count:10
C
input:
炭素

O
input:
酸素


・(以下、問題が続きます)

ヘッダー部分に#question_count:xxの指定を追加してください。xxの部分は出題数です。

 

A B C
1 #format:table
2 #messages_intro:物質名を答えよ。
3 #question_count:10
4 C input: 炭素
5 O input: 酸素
6
7
8 ・(以下、問題が続きます)

 

問題作成フォームでオプションを追加します。
追加項目から下記画像、赤枠の「正解回数」をクリックします。

追加項目の上にオプションが追加されていますので、正解回数を記述してください。

 

マスターカウントを1に設定したので、全問1回正解すると攻略率は100%になります。