メニュー

左上の+マークをクリックすると、問題を作成したりするメニューが表示されます。

メニューボタンの位置

表示されるメニュー


また、問題やフォルダを右クリック、または右にある編集をクリックすると選択した問題やフォルダごとのメニューが表示されます。

フォルダのメニュー

問題管理はこのメニューが操作の基本となります。

検索

左上にある虫眼鏡のマークをクリックすると、検索欄が表示されます。

検索ボタンの位置

検索欄に探したい問題やフォルダの名前を入力すると候補が表示されます。

候補一覧

表示された候補をクリックするとフォルダならそのフォルダの中へ、問題ならその問題があるフォルダへと移動します。

候補クリック後

サイドパネル

画面右にあるフォルダ名だけが表示されている部分をサイドパネルと言います。これを使うことによってフォルダ間の移動が楽になります。

サイドパネルの位置

サイドパネルのフォルダ名をクリックするとフォルダが展開されて、フォルダ内のフォルダが表示されます。ダブルクリックするとそのフォルダへと移動します。

サイドパネルのフォルダを展開

また、一覧の方から問題やフォルダをサイドパネルのフォルダにドラッグ&ドロップすると移動させることが出来ます。

並び替え

一覧内で問題やフォルダをドラッグ&ドロップで並び替えることが出来ます。

並び替え

並び替えを行うと問題を解くでも順番が変更されます。

問題を解く

メニューの説明

フォルダを作成する
問題を作成する
PDFを作成する
単語カードを作成する
YouTube動画

上記5つはQuizGenerator(β)にも説明がございますのでそちらをご参照下さい。

認定証を作成する

ユーザーの皆様方からのご希望が多かった認定証の作成が可能となりました。
メニューの”認定証を作成する”をクリックすると認定証の作成欄が表示されます。
上からQuizGenerator(β)で表示されるタイトル、認定証の一番上に表示される認定証名、認定証の本文、発行団体名、発行者名を入力します。

認定証作成欄

一覧に表示された認定証

“生徒A 殿”の場所にはアクセスしたユーザーの氏名が入力されます。

最新プレイヤーにする

QuizGeneratorは問題を作成するツール自体もバージョンアップを行っています。古いバージョンで作成した問題を、最新の作成ツールに変更する機能が”最新プレイヤーにする”です。
メニュー内から”最新プレイヤーにする”をクリックすれば、自動的に最新プレイヤーに変更されます。
どのバージョンで作成されたかは下の画像の赤枠内で知ることが出来ます。

古いバージョン

最新バージョン

制約を付ける

ユーザーの皆様方からのご希望が多かった特定の問題に合格すると次の問題が解答できるようになりました。
メニューから”制約を付ける”をクリックすると一覧の一番下に制約が追加されます。

制約に異常があるので赤く表示されてます。

この制約は問題やフォルダのようにドラッグ&ドロップで移動させることができます。

異常がなくなったので赤色での警告が外れました。

制約は、制約より上にあるフォルダ内の問題、問題の全てを確認します。制約の内容は2種類で、”上記の問題を閲覧/解答する”か”上記の問題に合格する”のどちらかから選べます。

2種類の制約から選んで下さい。

特に保存などは行わずにそのまま”問題を解く”を見ると制約がちゃんとかかっているのが分かります。

合格するまで、テスト以外は開けません。

合格したので開けるようになりました。

公開制限

フォルダ以外には公開する範囲を設定することが出来ます。
公開する範囲は

  • メンバー内にだけ公開する”内部公開”
  • 全てのユーザーに公開する”一般公開”
  • 問題管理画面にのみ表示する”非公開”

  • の3種類です。

    設定の方法は問題一覧で問題を右クリック、または右にある詳細をクリックして問題用のメニューを表示します。そのメニュー内から”公開制限を付ける”をクリック。

    詳細の位置と公開制限の位置

    公開制限の設定欄が表示されるので公開範囲を選択して”保存”をクリックすると完了です。

    公開範囲を選んでください

    テスト制限

    学校でのテストや、検定試験のように一度きりのテストを作成することができます。
    設定の方法は問題一覧で問題を右クリック、または右にある詳細をクリックして問題用のメニューを表示します。そのメニュー内から”テスト機能を付ける”をクリック。

    編集の位置とテスト機能の位置

    テスト機能の設定欄が表示されるので有効か無効かを選択して”保存”をクリックすると完了です。

    テスト機能の設定

    一度問題を解答すると、次回以降は下の画像のような注意文が表示されます。

    成績を消すことでもう一度解答することができます。

    フォルダの公開期間

    フォルダに公開期間を設定できるようになりました。
    設定の方法は問題一覧でフォルダを右クリック、または右にある詳細をクリックしてフォルダ用のメニューを表示します。そのメニュー内から”公開期間を設定”をクリック。

    詳細の位置と公開期間の設定の位置

    公開開始日と公開終了日の設定欄が表示されます。開始日を空白にすると今すぐ公開され、終了日を空白にすると無期限で公開されます。

    公開期間設定欄

    入力欄をクリックするとカレンダーが表示されます。選択後、設定するをクリックすれば公開期間が反映されます。

    カレンダーから簡単に設定可能

    グループ共有

    フォルダはグループ共有を施して初めてメンバーの”問題を解く”に表示されます。
    設定の方法は問題一覧でフォルダを右クリック、または右にある詳細をクリックしてフォルダ用のメニューを表示します。そのメニュー内から”グループ共有をする”をクリック。

    編集の位置とグループ共有の位置

    グループ共有の設定欄が表示されます。共有するグループを選択して”保存”をクリック。

    グループごとに公開するかどうかを選択できます。

    共有がされるとグループ共有のアイコンが灰色から赤色に変わり、マウスカーソルを合わせると、どのグループに共有しているかが表示されます。

    管理グループに所属しているメンバーにだけ説明フォルダが公開されます。

    フォルダ間の移動

    フォルダや問題はドラッグ&ドロップで移動させることが出来ます。
    フォルダ間の移動は3箇所から移動させることが出来ます。

    一覧内

    一番使うことが多い場所だと思われます。ドラッグ&ドロップすることで、フォルダ内に問題やフォルダを移動させることが出来ます。

    一覧

    サイドパネル

    サイドパネルに表示されているフォルダ上に一覧に表示されている問題やフォルダをドラッグ&ドロップすることで移動させることが出来ます。

    赤枠内から青枠内へ

    パンくずリスト

    最後は一覧の上にあるパンくずリストからの移動です。パンくずリストに問題やフォルダをドラッグ&ドロップすることで移動させることが出来ます。

    赤枠内から青枠内へ