動画

10記事

learningBOXの動画対応について

eラーニングにおいて、動画教材は欠かせないものになりました。この記事ではlearningBOXで動画教材を使う方法について解説します。 learningBOXに動画を埋め込む2つの方法 learningBOXの教材として動画を埋め込む方法は大きくわけて2種類あります。 ・learningBOX自体に動画をアップロードする ・YouTubeやVimeoなどの外部サービスにアップロードした動画を、learningBOXに埋め込む learningBOX自体に動画をアップロードする方法 メリット 動画の再生時間を正確に記録できます。 最後まで飛ばさず見たか確認できます。 learningBOXのアカウントに基づいて動画を保護できます。 複数のサービスを使わなくてよいので操作が簡便です。 広告などは一切なく学習に集中できます。 再生速度の変更ができます。 デメリット スタータープランの場合1動画あたり30MBまで、スタンダードプランの場合1動画あたり500MBの制限があります。 外部サービスに動画をアップロードする方法 メリット スタータープランでも高画質な動画を配信できます。 デメリット 外部サービスによっては広告が配信され学習に集中できない可能性があります。 外部サービスに対する利用料が別途発生する場合があります。 外部サービスとlearningBOXのアカウントを二重管理する手間が発生します。 外部サービスのURLを知っていれば誰でも動画を見れる場合があります。 オススメの利用方法 すでに外部サービスで公開済みの動画を教材として使う場合は、外部サービスで公開済みの動画をそのまま埋め込むのが便利ですが、learningBOXを使って新たな動画を配信したい場合はlearningBOX自体に動画をアップロードすることをオススメします。また、その際には是非スタンダードプランのご利用をご検討いただければと思います。 セキュリティーと配信の安定性について learningBOXからの動画配信は、Amazon Web ServicesのCloud Frontを利用して、東京リージョンを含む、全世界100箇所以上のエッジロケーションから配信しております。また、配信の際には有効期限を設定したワンタイムURLを利用者ごとに生成しています。 今後のアップデート方針について 500MBを超える動画への対応 事前圧縮する仕組みにより、2GB程度までの動画を受け入れる仕組みを作ります。 複数ビットレートへの対応 5G時代を見据え、複数の配信ビットレートから自動選択する仕組みを作ります。 新しいコーデックへの対応 現在はH264を使っていますが、H265、VP9、AV1などのコーデックへの対応を進めます。 動画内検索機能の実装 動画内の音声に対して自動文字起こしを行い検索できるようにします。 字幕への対応 字幕ファイルの登録および、learningBOX内での字幕編集を実現します。 全画面再生時のUI実装 全画面再生時にも、動画の再生速度を変更できるようにします。 開発者募集しております 今後のアップデートにあるような機能開発を是非やってみたいという方がいましたら、エントリーお待ちしております。動画機能だけでなく、learningBOXの開発者は広く募集しておりますので興味があれば気軽にエントリーください。弊社サイトもしくは、indeedなどの求人サイトよりエントリーください。
サムネイル

動画教材を事前圧縮する一番簡単な方法

learningBOXでは、大容量動画プランに加入いただくと、1本あたり500MBの動画をアップロードできます。動画容量についてに記載しておりますように、1時間や2時間の動画であっても、適切に圧縮すれば500MBの枠内に収めることはできます。ただ、動画の容量を削減するためだけに、動画編集ソフトを購入したり、圧縮設定を行うのは面倒です。 そこで、弊社ではFFMPEGを使った動画圧縮手順を公開しておりました。一度設定してしまえば多くの動画を簡単に圧縮できて便利なのですが、FFMPEGはインストールにやや癖があり、設定につまづくケースもあったかと思います。 今回は、より簡単に動画を圧縮できる方法ができましたのでご紹介します。(Windows7以降で動作します) Encoder_20200630.zip 手順 上記のEncoder_20200630.zipをダウンロードし、解凍してください。 Encoder.exeをダブルクリックして起動してください。 必要に応じて画質を選択してください。 「幅640 標準プラン」は映像のサイズが最も小さくなる設定です。動画オプションに加入していない場合におすすめの設定です。 「幅1280 大容量動画プラン」は、大容量動画プランに適した設定です。この設定で500MBを超える場合は640の設定にすると容量を削減できます。 「サイズ変更なし」は映像のサイズを変更せずに再エンコードする設定です。映像サイズを変更しませんが容量は削減できる場合が多いです。 動画ファイルを、上記のウィンドウにドラッグアンドドロップするとエンコードが始まります。複数の動画をまとめてドラッグアンドドロップすると、ドラッグアンドドロップした動画は順次エンコードされていきます。エンコードされたファイルは、元の動画と同じフォルダに、ファイル名に「.640.mp4」などが末尾に付け足された状態で保存されます。 FAQ 龍野情報システムはエンコーダを開発できるのですか? いいえ、できません。FFMPEGというオープンソースの動画エンコーダを便利に使えるようにしているだけです。 どうしてこの方法を使うと容量が減るのですか? eラーニング向けに適した品質に調整することで容量を削減しています。具体的には、以下のような調整をしています。 映像の品質を抑える 映像のサイズを調整するだけでなく、圧縮率の調整も行っています。地デジやBlu-rayと比べると見劣りしますが、教材用の動画としては十分な設定にしています。 映像のフレームレートを抑える 秒間60フレームの動画は滑らかです。しかし、板書や講師の映像に秒間60フレーム必要でしょうか?映像を秒間30フレームに抑えることで容量を削減しています。 音声をモノラルにする 音声をモノラルにすることで音声データを半減させています。 適切なコーデックを使う h264にて圧縮することで容量を削減しています。 画質を細かく調整したい この記事の手法は「簡単さ」を追求しているため、画質の詳細な設定はできません。コマンドラインにてffmpegをご利用頂くか、「ドラックアンドドロップで動画をエンコード」で、パラメータを書き換えてエンコードしてください。弊社LMSであるlearningBOXに載せることが目的の場合は設定などサポートさせていただきます。 更新履歴 2018.4.1 初版公開 2018.4.2 不具合修正版公開 -- 動画のファイル名にスペースが入っていた場合の処理を改善
サムネイル

FFmpeg – ドラッグアンドドロップで動画結合

アクションカメラやドライブレコーダーで撮影した動画って、3分や5分毎の分割ファイルになっていることありますよね。細切れの動画を結合するためだけに、高価な編集ソフトを使ったり、手作業で調整するのは面倒です。動画の結合ぐらい、もっと簡単にやっつけたいですよね! FFMPEGを使うと、コマンド一発で動画の結合を出来るのですが、結合対象ファイルが多数ある場合はコマンドを記述するのが面倒です。そこで、ドラッグアンドドロップするだけで結合できるバッチファイルを作ってみました。 操作手順 結合したファイルをドラッグで囲みます。この時、最後の動画から最初の動画に向かって選択して下さい。その後、ファイルを纏めてffmpeg-concat.batにドラッグアンドドロップするとバッチが起動します。バッチが起動すると、結合するファイルの一覧が表示されるので、問題なければ、何かキーを押すと結合が始まります。 バッチダウンロード https://quizgenerator.net/wp-content/uploads/bat/ffmpeg-concat.bat ソースコード @echo off set FILES= set N=0 :REPEAT set /a N=N+1 set FILES=%FILES% -i %1 if "%~2"=="" GOTO EXIT shift GOTO REPEAT :EXIT echo %FILES% pause ffmpeg %FILES% -filter_complex "concat=n=%N%:v=1:a=1" %1.merged.mp4 pause まとめ バッチかいて楽しようぜ!
サムネイル

動画作成:iPhoneでiMovieを使って簡単作成

・マニュアル動画を作成したい。 ・静止画を入れて加えてアレンジしたい。 ・説明文を加えてもっとわかりやすく視聴してほしい。 だけれど、動画編集はなんだか難しそう・・・。 そのようなときは、iPhoneのiMovieを使って簡単作成できます。 今回は動画+静止画を使った説明動画を作成します。 下の動画を素材として説明していきます。 事前準備 ・編集用の動画 ・動画の中でより詳しく視聴してほしい部分のスクリーンショット スクリーンショット撮影方法: iPhoneのスリープ/スリープ解除ボタン(電源ボタン)を押しながら、ホームボタンを押します。 「カシャッ」というシャッター音が鳴り、画面が白く点滅したら撮影成功です。 写真を保存してください。 編集 無料で使える動画編集ソフトとしてiMovieを利用します。   ① iMovieを起動して「プロジェクトを作成」をタップします。   ②次に「ムービー」を選択します。   ③編集したい動画をチェックし、「ムービーを作成」をタップして挿入します。   ③「静止画を入れたい部分に白縦線を合わせ」その動画をタップします。 すると、画面下部に操作ツールバーが表示されます。 「分割」をタップしてください。 次に画像が分割されその部分にが画像を挿入していきます。 画面左にある「+」をタップし、写真の中から挿入したい画像を選択してください。   ここまでくれば下準備完了。 ④あとは挿入した画像に文字を加えていきます。挿入した画像をタップし「 T 」をタップしてください。表示したい文字のスタイル一覧が表示されます。今回は「標準」を使用します。標準をタップし画像の「タイトルを入力」をタップして文字を入力します。標準の場合、大小のタイトルが3つ表示されますのでいらないタイトルは消すことができます。文字の配置も「中央」「下」と指定できますのでお好みの配置を選択しましょう。 あとは画面左上の「完了」を押せば編集完了です。   実際に編集を加えて編集した動画が下記のものです。 この他にも様々な機能があり、組み合わせてオリジナルな編集をすることができます。
サムネイル

FFmpeg – ドラッグアンドドロップでエンコード

FFmpegをインストールしたものの、オプション設定が多すぎて、どのように設定すればよいかわからない。設定は分かるが1ファイルずつコマンドでエンコードするのは面倒だ。そんなときは、以下のようなバッチファイルを作ると、動画ファイルをドラッグ・アンド・ドロップするだけでエンコードできるので便利です。 ※このバッチを使うためには、「Windowsパソコン」をご利用頂く必要があります。また、動画の圧縮(FFmpegのセットアップとエンコード手順)に従って、ffmpegを実行パス上に配置しておく必要があります。 以下のように動画を.batにドラッグするだけでエンコードできます。 複数のファイルを纏めてドラッグできます。また、エンコード後のファイル名は元のファイル名に従って自動設定されます。 エンコード用のバッチファイル 3パターン用意しましたので、用途に合わせてご利用下さい。2番目、3番目のバッチはサイズ変更まで行える優れものですが、元映像の縦横比によっては高さが奇数となり、エンコードできない場合があります。 サイズそのままで容量を削減(↓クリックでダウンロード) https://quizgenerator.net/wp-content/uploads/bat/ffmpeg-noresize.bat learningBOXの標準画質まで容量を削減-幅640(同上) https://quizgenerator.net/wp-content/uploads/bat/ffmpeg-640.bat learningBOXの高画質動画プランまで容量を削減-幅1280(同上) https://quizgenerator.net/wp-content/uploads/bat/ffmpeg-1280.bat バッチファイルの解説 以下のコードはffmpeg-1280.batのものです。ffmepgから始まる行が本体です。 -vf scale=1280:-2 * 映像のサイズを指定しています。幅は1280、高さは自動です。-2を指定すると2の倍数になるように調整されます。 -crf 22 * 画質の設定です。大きな値ほど画質が悪くなります(容量は減ります) -r 30 * フレームレートの指定です。大きな値を指定するとなめらかな動画になります(容量は増えます) -ac 1 * オーディオのモノラル化の指定です。モノラルで良い場合はこの指定をすると容量が減ります。 ECHO OFF :REPEAT ffmpeg.exe -i %1 -vcodec libx264 -vf scale=1280:-2 -crf 22 -r 30 -y -ac 1 "%~n1.w1280.mp4" if "%~2"=="" GOTO EXIT shift GOTO REPEAT :EXIT pause 改訂履歴 2018.1.19 初版公開 2018.4.2 高さ指定を-1から-2に変更/映像サイズによってエラーになる場合があったので-2に変更しました
サムネイル

動画の作成:MacでiMovieを使って編集 1

learningBOXより使用可能になった教材として動画をアップロードする機能。 便利になったけどそもそも動画の作り方が分からない人も居るのではないでしょうか? スマホで動画を撮ってアップロードするだけなら出来るけど、手ブレが...... 解説を入れたいけど、顔を映したり声を入れたくない。 色々あると思います。 これから何回かに分けて、動画マニュアルの作成方法をご紹介していきます。 最終的には下のような動画が作成出来るようになります。 編集 無料で使える動画編集ソフトとしてiMovieを利用します。Macの場合、標準でインストールされている場合もあります。 iMovieを起動して新規作成をクリックします。 iMovieでは普通の動画と映画の予告編のような物を作ることが出来ます。 今回は普通の動画を作成しますのでムービーを選択します。予告編での作成は別の機会に。 ムービーを選択すると下の画像のように表示されます。 iMovieは大きく分けて三箇所のグループに分かれています。左上の素材置場、右上の画面効果編集場、下のタイムラインの三箇所です。左上の素材置場から下のタイムラインに素材をドロップし、素材を切り貼りすることで動画を編集していきます。 まずは前回撮影を行った動画を素材置場に登録します。メディアを読むこむをクリックしファイルを選択する、または範囲内に動画ファイルをドラッグ&ドロップすることで素材として扱うことが出来ます。 素材には動画ファイル以外にも画像ファイルも登録することが出来ます。 次に、素材置場のファイルを下のタイムラインに左から時系列順にドラッグ&ドロップで登録します。タイムラインには幾つでもファイルを置くことが出来ます。 タイムライン上のファイルは command + b で分割することが出来ます。 分割後に削除したりすることでファイルの中から欲しい部分だけを抽出することが出来ます。 ファイルとファイルの間にはトランジションと呼ばれるファイルからファイルへと移り変わる瞬間の特殊効果を挿入することが出来ます。 この特殊効果によって全く別のファイルが続いていても、自然に違和感なく動画を見ることが可能になります。 トランジションは素材置場上の下の画像の部分からタブを切り替えると選択することが出来ます。 次回予告 次回は一歩踏み込んだ動画の編集です。
サムネイル

動画の作成:Macでのスクリーン映像を記録

learningBOXより使用可能になった教材として動画をアップロードする機能。 便利になったけどそもそも動画の作り方が分からない人も居るのではないでしょうか? スマホで動画を撮ってアップロードするだけなら出来るけど、手ブレが...... 解説を入れたいけど、顔を映したり声を入れたくない。 色々あると思います。 これから何回かに分けて、動画マニュアルの作成方法をご紹介していきます。 最終的には下のような動画が作成出来るようになります。 撮影 第一回は撮影方法です。 今回はパソコン上での画面の撮影を紹介します。 QuickTime Playerで撮影を行います。 QuickTime Playerのメニューを開くと下の3つの収録ボタンが表示されていると思います。 上記の3つを説明すると 新規ムービー収録・・・PCに接続している機器からの出力映像と出力音声を収録する。 新規オーディオ収録・・・PCに接続している機器からの出力音声を収録する。 新規画面収録・・・PCの画面を収録する。 です。上にある動画は新規画面収録から撮影を行っているので新規画面収録をクリックします。 そうすると下の画像のような物が表示されます。 この中央の赤いボタンをクリックすると、撮影を行う範囲を指定するように指示されます。画面全体ならそのままクリック、画面の一部の場合はドラッグで範囲を指定します。 撮影が終了すれば名前を付けて保存を行います。以上で撮影は終了です。 次回予告 次回は撮影した動画の編集です。
サムネイル

動画容量について

大容量動画プラン learningBOXには、大容量動画プランがあります。大容量動画プランを使うことで、1動画あたりのファイルサイズの上限が緩和されるとともに、アップロードできるコンテンツの総量制限も緩和されます。 プラン 通常プラン 大容量動画プラン 総容量 10GB × N 100GB × N 1動画あたりの上限 30MB 500MB 年間利用料 3万円 × N 9万円 × N ※100名利用の場合はNは1、500名利用の場合はNは5となります。 100名の通常プランと大容量動画プランで利用できる動画の上限 動画の容量は、画質によって大きく変わります。地デジであれば10~14Mbps程度、BSデジタルで最大24Mbps程度になります。24Mbpsの場合、1秒間に3MB、1分間で180MBとなり、通常プランでは10秒、大容量動画プランでも3分弱までしか対応できません。その一方、ワンセグのテレビ放送は128kbps(0.128Mbps)、テレビ電話は32kbps(0.03Mbps)~64kbps(0.06Mbps)とかなり小さな容量となり、64kbpsであれば通常プランでも1時間の動画をアップロードできます。 learningBOXでの動画配信では、配信サービス側で200kbps程度に調整しているため、あまり高画質の動画をアップロードしてもストレージ容量を使ってしまうだけで、メリットはありません。画面サイズで640*360、秒間30フレームで、200kbps程度のビットレートにエンコードしてからアップロードして頂くことで最大限にサービスを利用できます。但し、将来的に、配信品質の上方修正を予定しておりますし、H265など、より高効率のエンコードをサポートする計画もあります。また、同じビットレートでも、使っているソフトウェアやエンコードによって画質が低くなる場合もありますので、1280*720、秒間30フレーム、1Mbps程度の動画を登録するのもオススメです。 1本あたりの上限時間 プラン 通常プラン 大容量動画プラン   24Mbps 10秒 167秒 過剰品質 4Mbps 1分 16分 過剰品質 2Mbps 2分 33分 過剰品質 1Mbps 4分 67分 オススメ 500kbps 8分 127分 オススメ 200kbps 20分 333分 オススメ 100kbps 40分 666分 画質低め システムにアップロードできる動画の総時間 プラン 通常プラン 大容量動画プラン   24Mbps 56分 556分 過剰品質 4Mbps 5.6時間 56時間 過剰品質 2Mbps 11時間 111時間 過剰品質 1Mbps 22時間 222時間 オススメ 500kbps 44時間 444時間 オススメ 200kbps 111時間 1111時間 オススメ 100kbps 222時間 2222時間 画質低め
サムネイル

動画の圧縮(FFmpegのセットアップとエンコード手順)

この記事では、ffmpegのダウンロード、設置方法と、ffmpegを使った動画エンコードコマンド例を紹介しています。 eラーニング教材の動画は適切に圧縮すべき eラーニング教材として、動画教材を使う場合、適切な画質に落としておくとサーバのストレージを節約できます。弊社のlearningBOXの場合、画面サイズ640*360、秒間30フレームに再エンコードした上で動画を配信しています(2017年11月27日時点での仕様)。そのため、これ以上の品質の動画をアップロードしてもストレージを余分に消費するだけで画質面のメリットはありません。 撮影データはかなり重い その一方で、2017年現在、スマートフォンや、デジタルビデオカメラ、デジタルカメラなどで動画を撮影する場合は、ハイビジョンやフルハイビジョン、4kなどの画質を選択することが一般的です。これらの高画質の映像をそのままアップロードしてしまうと、ストレージを必要以上に消費してしまいますし、1本あたりの時間も短く制限されてしまいます。 FFmpegを使って効率的にエンコード 動画の圧縮はFFmpegが便利です。オープンソースのソフトウェアでWindowsやMac、Linuxなど様々な環境で動作します。Windowsの一般的なソフトウェアと違いGUIは使えませんが、コマンドを使うことで最適な画質に変換できます。 FFmpegをダウンロード FFmpegは以下のURLでダウンロードできます。 ダウンロードURL: http://ffmpeg.zeranoe.com/builds/ セットアップ(Window10の場合) FFmpegをダウンロードすると、ZIP形式で保存されます。このZIPファイルを開くと、bin, doc, presetsなどのフォルダが表示されますので、binフォルダを開いて下さい。binフォルダの中のffmpeg.exeがエンコードソフトなので、このファイルを"実行パスの通っているフォルダ"に移動して下さい。Windows10で確認したところ、C:\Windowsにパスが通っていたので、私はこのディレクトリに移動しました。 ファイルを移動する際に、以下のようなダイアログがでますので、管理者権限をつかって移動させて下さい。管理者権限を使用できない場合は、ffmpeg.exeをDocumentディレクトリなどログインユーザのアクセス権限のあるところに配置してください。(実行パスの通っていないディレクトリに配置した場合は、コマンド実行時にffmepg.exeまでのパスを指定する必要があります) セットアップできたか確認 コマンドラインを開きます。(Windows10では、画面左下の「ここに入力して検索」にcmdと入力すると起動できます)コマンドラインにてffmpegと入力しEnterキーを押して、以下のように表示されればOKです。 エンコードを実行 エンコード元ファイルがmovie.mp4の場合、以下のコマンドを実行するとエンコードが実行され、エンコードされたファイルがmovie.encoded.mp4という名前で出力されます。 ffmpeg -i movie.mp4 -vcodec libx264 -vf scale=640:360 -crf 26 -r 30 -y -ac 1 movie.encoded.mp4 動画サンプル 容量2.96MB 時間: 2分7秒 平均ビットレート 187kbps 動画ファイル:ダウンロード 実写と音声が含まれていないのでかなり低容量に圧縮されました。
PowerPoint動画

PowerPointで簡単動画作成

PowerPointで簡単動画作成 西村です。PowerPointを使うと簡単に動画を作成することができます。スライドの切り替えやアニメーションの設定、録音したナレーションもきれいに再生されます。今回の記事では、弊社のeラーニングシステム(learningBOX)に動画を設定する方法をご紹介いたします。 目次はこちら 1. learningBOXは動画教材を簡単に登録することができます。 2. 動画の再生速度の設定方法について 3. PowerPointを動画に変換する方法 4. まとめ learningBOXは動画教材を簡単に登録することができます。 動画の設定はコンテンツ管理画面から設定します。こちらをご覧ください。 作業手順1 learningBOXのマイページ画面からコンテンツ管理を選択し、⊕ボタンをクリックしてください。 作業手順2 ⊕ボタンをクリックして、動画を選びます。動画のタイトル名を記入して、ファイルを選択、【 保存 】とお進みください。※「スキップ再生を禁止」にチェックをつけるとスキップ再生が出来なくなります。こちらは、動画を保存した後でも編集が可能です。お好みで設定してください。 作業手順3 動画を保存して簡単に動画を設定することができました。 ▼上記の一連の流れをキャプチャー動画で撮影したものはこちらです。 動画の再生速度の設定方法について learningBOXを使うと簡単に動画を設定することができ、再生速度の調整も可能です。0.5倍速・1.5倍速・2倍速に設定できます。動画の再生速度の設定方法については、こちらに詳しく解説されています。 ➡動画の再生速度を1.5倍速に設定する方法 PowerPointを動画に変換する方法 PowerPointで作成した資料は簡単に動画に変換することができます。変換した動画はlearningBOXの中にコンテンツとして設定できる他に、QuizGeneratorの問題文や解説にも設定することができます。設定方法はこちらに詳しく紹介されています。 まとめ 今回の記事では、弊社のeラーニングシステム(learningBOX)に動画を設定する方法をご紹介いたします。PowerPointで作成した資料は簡単に動画に変換することができます。変換した動画はlearningBOXの中にコンテンツとして設定できる他に、QuizGeneratorの問題文や解説にも設定することができます。
jaJA