正誤を選択するタイプの設問です。

サンプル

宅建 制限行為能力者・意思表示

  宅建の制限行為能力者と意思表示分野の問題です。主に正誤問題から構成されています。

  ダウンロード: 変換元ファイル, 変換済ファイル     別ウィンドウで開く

作成方法

正誤問題は「テキスト形式」「表形式」の方法で作成できます。

テキスト形式

1行目に問題文を、2行目に「true-false:」を記述します。3行目には、正答が○の場合はtrueを、正答が×の場合はfalseを記述します。設問と設問の間には空行を入れます。

以下の例では、1問目の問題文は「制限行為能力者が行った契約は無効である。」で、×が正答です。trueもしくはfalseの後ろに|で区切ると解説を記述できます。

表形式

表形式で問題を作成するには、ファイルの先頭に「#format:table」と記述してください。1つの設問が1行に対応します。各行には、問題文、「true-false:」、正誤がタブ区切りで並びます。

よくあるFAQ