音声機能を使って問題を作成してみる

  • HOME
  • 音声機能を使って問題を作成してみる

音声機能を使って問題を作成してみる

問題文に音声の読み上げ機能が使えたら良いと思いませんか?
例えば英語の問題文に音声読み上げ機能を使うと便利ですよ!!
早速、問題の作成をご説明していきます。今回は表計算ソフトを使用して作成してみましょう♪

音声機能の問題作成

・問題データに文章を読み上げさせるための記述をします。
問題文・選択肢・解説の中で文章を読み上げさせたい箇所に、以下のように記述します。
 例)<<Hello,Mr.John>>

①始め角括弧を2個 ②読み上げたい文章 ③終わり角括弧を2個 のように記述します。

・1回きりの再生にしたい場合は、①と③の角括弧を2個から3個に変えて記述します。
 例)<<<Hello,Mr.John>>>

・話者を変えることもできます。(デフォルトはJoanna)
例えば、Nicoleに話者に変える場合は、<<Nicole:Hello,Mr.John>>と記述します。
(話者の一覧はこちらからご覧ください。)

※注意点としましては、ライセンス無しでは、1つの問題セット(変換の際の.txt内など)に4つまでしか、この機能をご利用できません。
 5つ以上の音声をご利用したい場合はライセンス契約をお願い致します。

表計算ソフトで作ってみる

・表計算ソフトで作成する場合、1行列目のA列に#format:tableと記述してください。
・オプション値を追加する場合は2行目A列から下に記述してください。
・オプション値を使用しない場合は2行目A列から問題を記述してください。
・問題文は改行せずに、A列のみを使用し記述してください。

 

 

・A列に問題文を記述したらB列に、上記の赤色で囲ったように問題形式を記述していきます。

 

・最後にC,D,E列に上記の赤色で囲ったように選択肢を記述していきます。以上で完成です。

問題をアップロードする

・作成した問題ファイルをアップロードしてみましょう♪

・QuizGeneratorの変換ツール機能で問題をアップロードします。

 

・「ファイルを選択」をクリックし、作成した問題のファイルを変換して完成です!!
是非、音声の読み上げ機能を使用して問題を作成してください♪